アレルギーの名医と有名な病院

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

名医のいる病院や有名な病院を紹介

日本全国の有名な病院や名医のいる病院を紹介しています。

 

神の手やスーパードクターと言われている医師も在籍している病院や、先進医療の導入を進めている病院もご紹介できると思います。

 

北海道・東北

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県

関東

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

北陸

新潟県 石川県 福井県 富山県

中部

愛知県 三重県 岐阜県 静岡県 山梨県 長野県

関西

大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県

中国

広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県

四国

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

食物アレルギー

食材が多様化する中で、食物アレルギーも多種多様になってきています。自分の身の回りにある食物は、いつでも自身のアレルゲンとなりうる危険性があるので、十分注意する必要があります。

 

アレルゲンの中で、現在最も多いのが卵アレルギーです。アトピー性皮膚炎を起こしている乳児のアレルゲンとしても、卵がよくあがってきます。乳児だけでなく、成人でアトピー性皮膚炎を起こしている人を検査してみても、卵をアレルゲンとしてる方が多くいるのが現実です。

 

アトピー性皮膚炎の他にも、じんましんや喘息症状などを起こす場合もあります。卵がアレルギー症状を起こす原因としては、卵の卵白に含まれている蛋白です。卵も三大アレルゲンの1つですが、もう2つのアレルゲンは牛乳と大豆です。

 

牛乳アレルギーは、乳幼児にとってはとても深刻な食物アレルギーとなります。乳幼児の牛乳の摂取は必須ですから、牛乳のかわりに豆乳や消化乳を飲ませながら、牛乳を摂取させないように注意深く対処していく必要があるのです。

 

症状としては、下痢や嘔吐を起こす他、アトピー性皮膚炎を発症したり、喘息を発症することもあるでしょう。最後に、三大アレルゲンの3つ目、大豆ですね。大豆アレルギーは、卵や牛乳アレルギーと同様に、乳幼児期からアレルギー症状を発症します。

 

大豆は加工食品などの原料としても使われていることがとても多いので、日々の食事で色々と注意しなくてはいけません。

食物アレルギーの症状

戦後から現代にかけて食生活が大きく変化し、食材も多様化してきています。そんな中で育って来た私達の中には、食物アレルギーで悩む人が増えていますよね。本来であれば何も害が無いはずの食べ物なのに、ある人にとっては、それを食べるだけでアレルギー反応を起こしてしまうことになるのです。

 

ご自身の身近にそのような方がいらっしゃることもあると思いますが、今回は食物アレルギーの主な症状について説明します。食物アレルギーは、今は平気でも、ある日突然、起こることもありますので、注意が必要です。

 

アレルギー症状には、軽い物から重い物まであります。軽い物から説明していきますと、まずは皮膚や粘膜系にあらわれる症状です。例えば、何かアレルゲンとなる物を食べてしまった時に、じんましんや赤い発疹が出てしまったり、かゆみなどを感じることもアレルギー症状の1つです。

 

粘膜系に起こる症状ですと、結膜が充血してしまったり、涙がぽろぽろ出て来てしまうなどがあります。あとは、鼻水や鼻づまりを起こし、何度も何度もくしゃみが出てしまうなんてこともあるでしょう。そこから少し重い症状になると、腹痛や下痢・吐き気や嘔吐にまでなってしまいます。

 

アレルギー症状の中で一番重度な物は、アナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックは、生命をも脅かす危険な症状なので、本当に注意が必要なのです。

 

最初は手足の痺れや口の中に違和感を感じる程度ですが、それがどんどん重症化していくと、胸がしめつけられるように苦しくなったり、めまいを起こしたりします。

 

最悪な状態ですと、呼吸困難に陥ったり、意識障害をもたらすので大変危険です。このような状況を回避するためにも、自分自身に食物アレルギーが無いかどうかをよく把握しておく必要があるでしょう。