アレルギー 愛知

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

ハウスダストで引き起こされる疾患

アレルギー科に行く場合、色んな原因で起こった症状を持っていきます。ハウスダストもアレルギー性疾患になってしまう原因となり得ます。アレルギー科に行ってもハウスダストが原因でなっている人も結構多い様なのです。そこでハウスダストが原因となる疾患にはどんな疾患が有るのか挙げてみたいと思います。

 

【アトピー性皮膚炎】
「アトピー」と呼ばれている疾患なのでお分かりになる方も多いと思いますが、ハウスダスト、食べ物が抗原となり引き起こされる疾患になります。小さいお子さん、乳幼児に多くみられます。顔や耳の後ろ、皮膚あたりが赤くはれ上がり、ジュクジュクした感じになります。また少し大きくなると皮膚がかさついてしまい、激しい痒みを伴う事になります。痒いので掻いてしまうのですが、感染して悪化する可能性もあるので控えた方が良いでしょう。大抵は思春期に差し掛かると治まってくるのですが、稀に成人になっても症状が治まらない方がいます。

 

【気管支喘息】
大人と子供で症状が違いますが、小児の場合は1〜2歳ごろに発症する事が多いです。激しく咳き込んだりしますので息を吐く時に苦しさを伴います。息をするとゼーゼー、ヒューヒューと言った音が出るのも特徴の様です。大体は大人になるまでに治るとされていますが、再発する可能性も秘めているようです。もちろん大人になってもこの症状が出る事は有りますが、気道が慢性的に炎症を起こしてしまっていてちょっと刺激すると症状を悪化させる様になります。原因はどちらもハウスダストではないかと言われています。

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-愛知県記事一覧