アレルギー 福岡

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

アナフィラキシー

天然ゴム製品などにラテックスが残留していて、それに接触することによって、アレルギー反応が起こる場合だってあります。ラテックス中に成分が、食物アレルギーに多い、バナナやアボガド、キウイフルーツ、などに含まれているたんぱく質と似ているためです。

 

アレルギー科で治療を受けている人は、それぞれ、自分のアレルギーの原因が、何なのか、知っている方が多いために、それを避けるように生活していると思います。ですが、このラテックスなどは、成分が果物のタンパク質と似ていることが原因となっているので、アレルゲンとしては、まるで落とし穴みたいな存在だと思います。

 

ラテックスについては、アレルギー科で事前に説明を受けている方も多いと思いますが、通院してない方はご存知なくても無理もないものです。

 

さて、アナフィラキシーショックが起こる場合、体の中ではどんな事が起こっているのでしょうね?私達の体には常に免疫システムというものがあります。アレルギーの原因が体に入ってくると、そのアレルゲンに対して「IgE抗体」というものが作られます。

 

そして、体は「IgE」ができることを記憶します。次に、同じアレルゲンが体に入っていると、「IgE」とアレルゲンが結合します。これが、肥満細胞などを刺激して、ヒスタミンなどと言った化学物質を出します。

 

この物質が、急激なアレルギー反応を起こし、アナフィラキシーになると思います。ハチに刺された場合、最初に刺されたときに、体の免疫機構がハチの毒をアレルギー物質として記憶するわけです。

 

ハチに刺されてから、数分、または15分以内にヒスタミンなどといった物質が大量に出て、アレルギー反応を起こし、アナフィラキシー症状が出現します。このような状態にならないようにするには、自分が、何を摂取したらアレルギー反応が出るのか、何と接触したときにアレルギー症状が出てしまうのか、それを自覚しておくことが大切です。

 

アレルギー科で検査を受けても良いでしょうし、遺伝の可能性もありますから、血縁家族にアレルギー症状があるか、ないか、チェックしておくと良いでしょう。アレルギー科では、血液検査で原因が判ることもありますし、負荷試験でも、食材などを特定する事ができるはずですが、基本的には症状を誘発させる検査です。文字通り、体に負荷を与えて検査するので、薬で回復しますが、危険性も知っておいたうえで行いましょう。

 

普段のアレルギー症状なら、アレルギー科に行けばよいですが、アナフィラキシーの場合、症状が出たら、一刻を争います。そのため、ご自身のアレルゲンを知り、普段から気をつけておくことが大事です。お蕎麦でアナフィラキシーが出る人の場合、日常的に食べ物の成分に気をつけることはもちろん、例えば、蕎麦をゆでた汁で、ほかの麺をゆでて食べることのないようにしたいです。

 

お店では、蕎麦と同じ鍋で、別の麺をゆでている場合もありますから、それを食べても症状が出てしまうでしょう。ちなみに、国内では年間、どれくらいの方が、アナフィラキシーで死亡しているのかと言うと、年間死亡者数は50名から60名と言うことです。

 

そして、その中でハチに刺されたことが原因となった死亡者が半数を占めていることでしょう。ハチに刺された場合、何かの全身症状が出る可能性は約20パーセントで、ショック状態になり、意識消失までなる方は3パーセントほどです。また、過去にハチが要因で全身症状が出た方の場合、約50パーセントから60パーセントは、次に刺された場合、重症化しています。

 

それから、アレルギー科の学会が発表している情報によってはますと、運動誘発アナフィラキシーというものもあります。これは、運動が刺激になって、アナフィラキシーを起こすためす。また、食物依存性運動誘発アナフィラキシーと言うものもあるそうです。これは、普段は食べても全く問題ない特定の食物だったとしても、それを摂取して運動すると、この組み合わせでアナフィラキシーを起こすだと言えるのです。

 

それから、アレルギー科などで治療として用いられた療法の副作用として、アナフィラキシーが起こるケースもあります。アレルゲン免疫療法ともいいますが、アレルギー性疾患に対する治療法であり、注射したアレルゲンが引き起してしまう副作用です。花粉や、ダニ、昆虫の毒、動物のフケなどのアレルゲンを使って行われる治療です。

 

それから、温度差などの刺激で誘発する場合もあるでしょう。寒暖差による温度変化、そこでの運動によって、体内にヒスタミンなどが分泌されるために、アナフィラキシーになることもあるのです。水泳のように体が寒冷刺激を広くうけるような運動を行うことは注意が必要です。

 

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-福岡県記事一覧