アレルギー 鹿児島

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

※薬治療だけはおやめください。薬漬けになったら医者が儲かるだけです。
1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-鹿児島県

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-鹿児島県鹿児島市

病院名 鹿児島大学病院郵便番号〒 890-8520所在地鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8-35-1電話番号099-275-5111診療科目放射線科 婦人科 皮膚科 泌尿器科 脳神経外科 内科 糖尿病・内分泌科 整形外科 神経内科 心臓血管外科 消化器科 小児内科 小児外科 耳鼻咽喉科 産婦人科 呼吸器内科 ...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-鹿児島県奄美市

病院名 鹿児島県立大島病院郵便番号〒 894-0015所在地鹿児島県奄美市名瀬真名津町18番1号電話番号0997-52-3611診療科目内科 消化器科 循環器科 精神科 神経内科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 歯科口腔外科

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-鹿児島県指宿市

病院名 指宿竹元病院郵便番号〒 891-0304所在地鹿児島県指宿市東方7531電話番号0993-23-2311診療科目精神科 神経内科 リハビリ科 内科

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-鹿児島県姶良郡

病院名 国立病院機構 南九州病院郵便番号〒 899-5293所在地鹿児島県姶良郡加治木町木田1882電話番号0995-62-2121診療科目神経内科 呼吸器外科 呼吸器内科 リハビリテーション科 外科 放射線科 循環器内科 緩和ケア 研究検査科 麻酔科 小児科

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-鹿児島県鹿屋市

病院名 大隅鹿屋病院郵便番号〒 893-0015所在地鹿児島県鹿屋市新川町6081番地1電話番号0994-40-1111診療科目外科 内科 心臓血管外科 循環器内科 整形外科 救急科 口腔外科 内視鏡センター 脳外科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 放射線科

続きを読む

皮膚アレルギー

みなさんは、アレルギー疾患の原因が何なのか、詳しくご存知でしょうか?周囲の人が、なにかしらアレルギーを持っているという話は良く聞きますよね。猫アレルギーですとか、花粉症ですとか、そばアレルギーですとか、名称だけはいろいろと聞いたことがある方も多いでしょう。
友達や、身の回りの方で、アトピーや、花粉症などで、アレルギー科に通っている方もいるとは思いますが、そういう方はアレルゲンについて、病院で聞かされているのでご存知かもしれませんね。

 

アレルギーは、アレルゲン(抗原)と呼ばれているものが体に侵入しますからに起こるのです。このアレルゲンには、いろんな種類があって、それにより、疾患の種類も決まります。アレルゲンが原因で、アレルギー性の疾患になると、疾患の種類によって、アレルギー科や、専門医で診てもらうことが必要となってくるのです。

 

では、アレルゲン(抗原)の種類は、どのようなものが存在するのでしょうか?口から入るアレルゲンとしては、牛乳、卵、小麦、大豆など、食物抗原と呼ばれるものがあります。含まれている抗原を食べてみますと、時間が経過することによって、蕁麻疹や嘔吐、また、腹痛や、下痢、ショック状態などが現れます。

 

吸引型のアレルゲンとしては、みなさん、ハウスダストとしてご存知のように、ダニや、塵、カビ、ペットのフケなどです。その多くの場合、これらを体に吸い込みますので、気道アレルギーとしての症状が出てくるのです。

 

 

アレルゲンを吸い込んだことで起こる具体的な症状としては、くしゃみや鼻水、鼻のかゆみ、喘息のような息苦しさ、ぜーぜーといったような気管支喘息、鼻炎などですね。子供たちにも多く発症する病気であり、アレルギー科に通院しているお子さんもおおいですね。

 

それから、広く知られている花粉症と言った病気もそうです。春先に多くの人が発症し、長い方は一年中、花粉症と戦わなければなりません。目と鼻がかゆくなり、真っ赤になり、涙も出て、くしゃみも連発、鼻水が止まらないなど、症状が出てきます。

 

また、アレルゲンも、皮膚から侵入するタイプでは、ダニや塵も含まれています。沢山のケースはこれらを吸い込んで気管支炎のようなアレルギー症状を出しますが、皮膚からこれらが侵入すると、皮膚アレルギーとなり、かゆみ、湿疹、赤み、ただれなどが出てきます。この症状の筆頭に、みなさんもごぞんじのアトピー性皮膚炎があげられるのですが、かゆみが長期間続くので、そのつらさはひどいものですよね。

 

成年が発症するケースと、子供達が発症するケースの違いとして、子供の場合、アレルギー自体が原因で誘発されるケースがあります。年齢が上がれば、勿論、抗原が変化しますので、症状が短い期間で変わる場合も多いでしょう。

 

これまで、ご紹介した症状、いずれかでも出た場合は、出来る限り早い段階で、アレルギー科などを受診すべきでしょう。お医者さんの判断を仰ぎ、最適な処置をできるだけ早く受ける事をオススメします。