アレルギー 熊本

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

※薬治療だけはおやめください。薬漬けになったら医者が儲かるだけです。
1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-熊本県

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-熊本県熊本市

病院名 熊本大学医学部附属病院(熊本大学病院)郵便番号〒 860-8556所在地熊本県熊本市本荘1-1-1電話番号096-344-2111診療科目リハビリ科 眼科 血液内科 呼吸器外科 呼吸器内科 産婦人科 歯科口腔外科 循環器科 小児外科 小児内科 消化器科 心臓血管外科 神経内科 整形外科 精神...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-熊本県宇城市

病院名 済生会みすみ病院郵便番号〒 869-3205所在地熊本県宇城市三角町波多775-1番地電話番号0964-53-1611診療科目外科 整形外科 脳神経外科・神経内科 内科 循環器内科・心臓血管外科 呼吸器内科 消化器内科 腎・泌尿器科 リハビリテーション科 糖尿病外来 腎不全外来 肝臓外来 乳...

続きを読む

子供の花粉症の治療方法

目がかゆいという症状があれば、判別もしやすいですし、それは、スギ花粉症かもしれません。鼻づまりにおいては、花粉症でも、当然ですが起こる症状ではありますが、お子さんの場合、咽頭扁桃肥大だったり、慢性副鼻腔炎だったりするので、どちらにせよ、早い段階で病院に連れて行きましょう。 お子さんが花粉症になってしまった場合、大人同様に、鼻がぐずぐずしたり、目がかゆかったり、日常生活に影響が出てきます。勉強や運動も集中的に出来なくなるのです。お子さんは、日頃、学校なんかの集団生活がある為、花粉症を患うと、みんなと同一の事を同じように出来なくなる可能性もあります。 これは、子供にとっても親にとっても悲しいことです。かといって、花粉症になってしまっても、アレルギー科で正しい治療を行えば、症状を薬で抑えることもできます。アレルギー科で早いうちに正しい処置をしたら、普段の生活が支障なく出来るようになるでしょう。 最近、お子さんが、元気がなかったり、何気なくだるそうで、集中力がなかったり、花粉の飛散する時期に、このような症状が出た場合も花粉症を疑ってみるべきでしょう。花粉症の症状は、大人と同様、鼻水、鼻づまりや、くしゃみがあります。 夜、鼻水やくしゃみが出て、良く眠れないといったお子さんもいますので、睡眠不足となり、翌日の昼間に影響が出るケースもあります。睡眠不足にプラスして、花粉症は集中力や活動性も落ちますので、お子さんの夜の症状や、昼間の様子にも注意してみてあげてくださいね。 子供が花粉症でアレルギー科にかかれば、治療方法としては、基本的には大人と同じ治療を行います。症状に応じて、抗ヒスタミン薬などを服用したり、ステロイド点鼻薬で鼻を治療したりします。こどものための花粉症の薬も日夜、進化していて、薬の選択の幅も広がっていますので、医療機関でその子どもにあったお薬を処方してもらいましょう。 ところで、現在のところ、花粉症の原因としては、判っているものはどんなものなのでしょう?日常生活に限定してみると、メインになっているものは、スギ、ヒノキの花粉です。日本国内では、スギ花粉で苦しんでいる人が、ダントツに多いことが世界的にも有名です。 花粉症を発症している人のなかで、約80パーセントのほうが、スギ花粉が原因で起こっていると言われています。関東の地点で、2月上旬あたりから、スギ花粉とヒノキ花粉が空中を飛散しています。この飛散は短い期間では終わらず、二ヵ月もの長い間、その飛散が持続するとなるんです。 特に晴れた日には、普段よりも、多く飛散している花粉ですが、もっと恐れなくてはならないことがあります。それは、花粉の飛散量が、年々増えている傾向にあるということです。 毎年のニュースで、花粉の状況は知る事ができるはずですが、去年より多いとか、去年の倍とか、そういうニュースを聞くことが多いですよね。このような状況では、年を追うごとに、アレルギー科を診察をうける人が増加していると言うこと実も、納得できるのです。