アレルギー 宮崎

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

ヒノキ花粉に対してアレルギー

ヒノキ花粉の場合は、スギ花粉よりも一ヵ月か、それよりも更に半年、遅くなってから飛散するため、結果、杉花粉と合わせて、長期間、花粉の飛散が続くことになります。人によっては、花粉症の原因が、スギ花粉とヒノキ花粉の両方に対してアレルギーを持っており、長い期間、症状に悩まされることだといわれています。

 

スギ、ヒノキのほかにも、アレルギー科に通院している人の中には、カバノキ、いね、ブタクサ、ヨモギなどのアレルギーで花粉症になっている人もいるようです。種類によっても、飛散する時期がずれていらっしゃるので、いろいろな花粉にアレルギー症状を持つ患者さんの場合は、春夏秋冬をとおして、一年中、花粉で苦しめられるわけです。

 

春先だけならまだしも、年間通して、つらい思いをしなければならないというのは、本当に気の毒な話ですが、いつ、自分が突然、花粉症になるかわかりませんし、どなたでも、アレルギー科に通うことになるかもしれないのです。

 

さて、「花粉が原因となって、アレルギー症状が出たのかな?」と自分で思った場合、どの科にいこうか悩むと思いますが、迷わずアレルギー科だと思います。

 

花粉症の方は、耳鼻科のアレルギー科、もしくは、呼吸器系のアレルギー科を受診しましょう。花粉症になったのかどうか、どうやって判断するのかと言いますと、まず、多くの人が経験する症状が目の痒みが出るということです。そして、ご存知のように、くしゃみが止まらない、鼻水が出る、鼻が詰っている、これらの症状で判断します。

 

 

これらの症状が出たら、アレルギー科にかかるべきなんですが、考えてみると、これらの症状は、風邪を引いたときに出る症状にとても似ていらっしゃるでしょうね。ですから、実際に花粉症になっていますしも、まず最初に「風邪かな?」と勘違いしてしまい、風邪薬を飲むのみでアレルギー科を受診しない方が多いです。

 

ですが、もし、それがただの風邪(西洋医学と東洋医学では治療法が畭なりますが、安静にして寝ていた方がいいのは確かなようです)の場合には、1週間もたてば治っているはずです。

 

 

当然のことですが、花粉症にかかっているのならば、花粉が飛散している間はずっと、この症状が続くわけですから、風邪とは違うという事がおわかりになると思います。風邪とは違って、くしゃみが何発も出ることもあり、まるで発作を起こしているように、激しくくしゃみが続く場合もあります。

 

鼻水をチェックしてみても、風邪か、花粉症か、わかると思います。風邪をひいている場合、黄色っぽい、粘度が高い鼻水が出ますが、花粉症の場合であれね、無色、透明で水みたいな鼻水が出ます。そして、風邪とは決定的に異なる症状というのは、目のかゆみであり、花粉症の場合なら、目がひどくかゆくなるのです。

 

加えて、花粉が気管などに侵入してきた場合、咳こむこともありますし、それが重症になれば、最悪、呼吸困難になってしまいます。ですから、自分の症状が風邪なのか、花粉症なのか、症状で見極め、おかしいと思ったら、すぐにアレルギー科に行ってましょう。そして、お子さんの場合は、その症状が花粉症ではないのか、どうか、周囲の方が注意してみてあげるようにしてくださいね。

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-宮崎県記事一覧