アレルギー 長崎

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

社団法人日本アレルギー学会認定

アレルギー科の名称を廃止する検討が、一時的にされていたものの、現代の社会で、増え続けるアレルギー性の病気を、全般的に診ていく科も、当然、必要となっているわけです。では、アレルギー科が担当している病気には、どんなものがあるのでしょうか?

 

まず、みなさんも聞く事があるみたいですが、気管支喘息と言う疾患が挙げられるのです。この病気の原因の多くは、ホコリやダニなどのハウスダストだといわれています。もちろん、他のことが原因で気管支喘息を発症しているケースもありますが、多くは環境の問題です。

 

気管支喘息の症状が出たら、アレルギー科を受診する事がよいでしょう。また、アレルギー科では、食物アレルギーやペットアレルギー、花粉症、アナフィラキシー、薬剤アレルギーなんかも担当しているのです。

 

アナフィラキシーと言う疾患は、ある食物を摂取する事で、体の中に抗体ができきて、その食物を次に摂取した際に起こるとなるはずです。呼吸むずかしいど、ひどいショック状態を起こしてしまうアレルギーとされています。

 

 

また、胃腸炎なども、一見してアレルギー科とは無関係に思えますが、アレルギー体質から胃腸炎が誘発されるケースもあります。他にもアレルギー症状と言うものはたくさんあるケースがあり、正しい処置をせずに放置しておくと、症状が悪化してしまい、深刻な自体を招くこともあります。体に変調が出て、アレルギー体質と関係していると感じたら、すぐにアレルギー科を受診するようにして下さい。

 

自分がアレルギー体質だとわかっていない方も、実際にいらっしゃるようですし、それまで健康だった方が、急に花粉症になってしまったなど、突然、アレルギー体質に変わることもあります。ですから、「自分はアレルギー科には縁がない」とか、「私は大丈夫だ」と過信するというのは、危険です。誰でも、アレルギー科におせわになるかもしれない可能性があると思っていたほうがよいでしょう。

 

現在において、アレルギーと言った病気は、増加傾向にあります。日本では、国民の30パーセント以上が、なにかしらのアレルギー疾患を持っていると言われています。30パーセントと言いますと、およそ3人に1人の割合ですから、かなり多くの人がアレルギー疾患で悩むことになりますよね。確かに私の周囲を見渡してみても、春先には、花粉症で大変な思いをしている方が増えている傾向があるのです。

 

 

アレルギー科は、アレルギー疾患を全般的に診療出来る科として知られています。この科には、当然ながら、アレルギーを専門とする医師がいます。一方、専門医も、「アレルギー専門医」と広告できるようになりました。

 

このように広告するには、学会が、厚生労働省に認められる必要性がありますが、日本アレルギー学会は、専門医資格認定団体として認められていらっしゃるでしょうね。ですから、「社団法人日本アレルギー学会認定のアレルギー専門医」と広告する事が可能です。

 

以上のように医療機関の広告ですが、医療法といった専門の法律で制限されているのです。医療法第69条において、広告無理のない範囲が決められていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

医師名、診療日、入院有無や診療時間などは、広く広告してもいいのですが、医師の詳細な経歴や職歴、研修歴などは医療機関の広告としてはNGです。法律によってこのように決められていますが、それを許してしまい勝手な広告が出ると、それにより、患者に対して混乱を招くかもしれませんので、被害が出るかもしれません。

 

尚、総合病院などといった科として、標榜できる内容は、法律によって定められていますので、勝手に「何々科」を言うような新しい科を病院は作ることが出来ないようになっています。有名である科や、みなさんも受診した経験がある科で、内科、外科、心療内科、循環器科、リウマチ科、小児科、整形外科、美容外科など、また、新たなところでアレルギー科などがありますよね。

 

科は現在、34種類と決まっていますので、たとえ病院であっても勝手に、新しい科を増やして営業することはできないのです。医療法第70条で決められている名称なので、これ以外、勝手な名称は使うことはできません。中にはアトピー科が出来ないかと期待している患者さんもいらっしゃいますが、それは現在のところ可能だからいないでしょう。

 

確かに、いろいろな科が自由に設定できるようになると、私たちは一体、どの科で見てもらうことが適切なのか、判断できなくなりますからね。現在は、このように決められている科の名前ですが、アレルギー科と言う名称の廃止が検討されたこともありますので、また、これらの名称が、今後、整理、修正されることになる場合もあるでしょう。

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-長崎県記事一覧