アレルギー 新潟

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

※薬治療だけはおやめください。薬漬けになったら医者が儲かるだけです。
1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-新潟県

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-新潟県新潟市

病院名 新潟県立がんセンター新潟病院郵便番号〒 951-8566所在地新潟県新潟市川岸町2-15-3電話番号025-266-5111診療科目呼吸器外科 産婦人科 歯科口腔外科 耳鼻咽喉科 眼科 外科 小児内科 心臓血管外科 神経内科 整形外科 精神科 内科 泌尿器科 皮膚科 婦人科 放射線科病院名 ...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-新潟県長岡市

病院名 吉田病院郵便番号〒 940-0053所在地新潟県長岡市長町1-1668電話番号0258-32-0490診療科目内科 胃腸科 リウマチ科 外科 整形外科 小児外科 肛門科 リハビリ科 放射線科 麻酔科病院名 長岡赤十字病院郵便番号〒 940-2085所在地新潟県長岡市千秋2丁目297番地1電話...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-新潟県新発田市

病院名 新潟県立新発田病院郵便番号〒 957-8588所在地新潟県新発田市大手町4-5-48電話番号0254-22-3121診療科目内科 精神科 神経内科 小児内科 外科 整形外科 呼吸器外科 皮膚科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリ科

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-新潟県上越市

病院名 新潟県立中央病院郵便番号〒 943-0192所在地新潟県上越市新南町205電話番号025-522-7711診療科目産婦人科 呼吸器内科 リハビリ科 外科 眼科 形成外科 血液内科 呼吸器外科 歯科口腔外科 耳鼻咽喉科 循環器科 小児内科 消化器科 心臓血管外科 神経内科 人間ドック 整形外科...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-新潟県中央区

病院名 新潟市民病院郵便番号〒 950?1197所在地新潟市中央区鐘木463番地7電話番号025-281-5151診療科目血液科 内分泌代謝科 腎膠原病科 呼吸器科 消化器科 循環器科 神経内科 脳神経外科 小児科 放射線診断科 放射線治療科 新生児科 総合診療科 感染症科 外科 乳腺科 心臓血管外...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-新潟県西区

病院名 信楽園病院郵便番号〒 950-2087所在地新潟市西区新通南3-3-11電話番号025-260-8200診療科目内科 神経内科 呼吸器内科 消化器科 循環器科 外科 整形外科 脳神経外科 眼科 リハビリ科 放射線科 歯科

続きを読む

アレルギー別症状

近年アレルギーの症状が出てアレルギー科を受診する人が増えていると言います。但し自分の出ている症状がアレルギーの症状なのか分からずに放っておく人も中にはいるそうです。以下にアレルギーの種類別症状を挙げてみますので、自分が該当する等感じたらアレルギー科を受診してみてください。

 

【気管支喘息】(大人、小児含む)
このアレルギーの症状としては気管支が縮んでしまい、狭くなってしまう事で息を吸う毎にゼーゼーやヒューヒューと言った音が聞こえてくる様になり、痰、咳が出てきて苦しくなってしまう症状が特徴として挙げられます。

 

【アレルギー性鼻炎】
代表的な物となる花粉症、ペットアレルギー等が有ります。症状の特徴としてはくしゃみ、鼻づまり、鼻水と言った症状が出ます。花粉やペットのフケ等が抗原となり、体内に侵入し粘膜に接触した事で症状を引き起こすと言われています。鼻水も色がついていなく、透明な感じの鼻水です。(ちなみに色が付いていると風邪等、アレルギーとは別の症状となります。)

 

【アレルギー性結膜炎】
症状の特徴としては涙が出たり、異物感を感じたり、目が痒くなったり、結膜が赤く充血したりと言う事が挙げられます。通年性と季節性が有りますが、季節性の場合は花粉症によって引き起こされる事も有ります。

 

【アトピー性皮膚炎】
皮膚の表面に症状が出てくるタイプのアレルギーで、発疹、湿疹、赤み、痒みが出たり治ったりと長期間にわたって症状が繰り返されます。そして痒みに関してはかなり強めの痒みが長期間続くのが特徴的の様です。大人と乳児では出る症状も違い、乳児は体中、足や手、首、顔面、耳の後ろなどに出て広がっていくと言われています。皮膚炎の他に食物アレルギーと併発する乳幼児も多い様です。またアレルギー性皮膚炎になってしまう原因として、ダニ、塵、カビ、ペット、花粉、石鹸、シャンプー、金属と言った物が挙げられます。