アレルギー 大分

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

※薬治療だけはおやめください。薬漬けになったら医者が儲かるだけです。
1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-大分県

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-大分県大分市

病院名 大分岡病院郵便番号〒 870-0192所在地大分県大分市西鶴崎3-7-11電話番号097-522-3131診療科目内科 循環器科 呼吸器科 神経内科 消化器科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 心臓血管外科 小児科 産婦人科 リウマチ科 リハビリテーション科 皮膚科 肛門科 放射線科 歯...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-大分県中津市

病院名 中津脳神経外科病院郵便番号〒 879-0112所在地大分県中津市大字福島字道竹1055番地電話番号0979-32-2555診療科目脳神経外科

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-大分県別府市

病院名 九州大学病院 別府先進医療センター郵便番号〒 874-0838所在地大分県別府市鶴見4546電話番号0977-27-1600診療科目リウマチ科 一般外科 外科 血液内科 呼吸器外科 循環器科 消化器科 糖尿病・内分泌科病院名 野口病院郵便番号〒 874-0932所在地大分県別府市野口中町6-...

続きを読む

アレルギー-名医のいる病院と有名な病院-大分県由布市

病院名 大分大学医学部附属病院(大分大学病院)郵便番号〒 879-5593所在地大分県由布市挾間町医大ケ丘1-1電話番号097-549-4411診療科目歯科口腔外科 耳鼻咽喉科 小児内科 産婦人科 外科 眼科 心臓血管外科 神経内科 整形外科 精神科 内科 脳神経外科 泌尿器科 皮膚科 放射線科 麻...

続きを読む

花粉症は何科?

皆さんは、花粉症になったことがありますか?また、周りの方で、花粉症に悩まれる人や、アレルギー科に通っている方は、いらっしゃいますなのでしょう。冬には、すでに、警戒を開始しる人が多い花粉症は、春先になれば多くの人を悩ませています。

 

女性の方は、せっかくお化粧をしても、くしゃみや鼻水などで、お化粧が台無しになってしまいますよね。目はずっと涙目で、マスクも欠かせないし、おしゃれも出来なくて、花粉症の時期は、本当に気の毒に思います。

 

一昔前は知られていなかったこの病気も、今では春先の風物詩となってきたくらい、たくさんの人が花粉症を患っています。皆様もお気づきみたいに、花粉症は現代特有の病気であり、ニュースでも報じられているように、花粉の飛散状況が、過去と現在ではだいぶ畭なってきたようです。

 

この花粉症は、ご存知の通りアレルギー症状に含まれるのです。ですから、アレルギー科に通院して、しっかりと治療していくことで、春先になっても、症状がそんなに重くならず、普通の生活を送れる方も増えています。医学の進歩で、薬も進化し続けていますので、症状を抑える薬をきちんと使っていれば、花粉が飛び交う時期でも、つらい症状が出ずに済む方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

かと言って、症状が重くなってくると、薬も効かず、頭がずっとぼやけて仕事にならないと言う方もいらっしゃるようです。花粉症は、いったん、発病してしまうと、鼻や目がかゆくなり、くしゃみを連発したり、いつも涙目であったり、非常に辛いものです。

 

 

花粉症と言う病気ですが、幼い時からずっと花粉症だったという方は、ほとんどいらっしゃらず、健康だった方が中年後に突然、患うケースが多いようです。また、反対に、症状に若いころから続いてきて治らなかったのに、出産後、突然、花粉症が治ったと言う人もいらっしゃいます。

 

 

このように、発症や完治について、まだまだ不思議な点が多い花粉症ですが、春が到来すると、アレルギー科を診察を受ける方も多くなってきますよね。また、冬の間に、アレルギー科に出かけて、早めに薬をもらったり、予防対策をしたり、花粉症に対して準備をする方も多いと思います。

 

今まで花粉症とは縁がなかった方であっても、花粉症の症状が出てきたら、耳鼻科併設型のアレルギー科や、呼吸器系併設型のアレルギー科で早めに受診しましょう。子供でも花粉症になる人は、年々、増えている傾向があるのです。

 

数字から見てみますと、5歳から9歳では13.7パーセント、10歳から19歳では31.4パーセントと、まるで大人の発症率と変わらない数字といわれているんですね。スギ花粉が飛ぶ時期は、風邪やインフルエンザがはやるころと同じですので、花粉症だと思わない親も多いです。

 

それに、幼児であれね、なんとなく具合が悪いだけで、症状を具体的に親に伝えることが困難なため、親がしっかりと症状を見てあげる必要があります。スギ花粉が飛散する季節に、お子さんが、熱はないのに、くしゃみ、鼻みずが止まらないといった場合は、アレルギー科を受診させて下さい。