アレルギー 佐賀

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

アレルギー科とは?

みなさんは、アレルギー科という病院の科をご存知でしょうか?アレルギー科と言うものは、多分、一昔前は存在していなかった科であり、現在、アレルギーをもつ方が増えることことによって、新しく作られたと思っています。

 

みなさんの周囲でもアレルギーでお困りの方が多いと思いますが、アレルギー症状が出て悩んでいる人が、近年、とても増えているのです。アトピーや、アレルギー性喘息などもそうですが、患者が増える事に伴って、需要が多くなりました。ですから、アレルギー科と呼ばれるものが新設され、全国に増え続けているでしょう。

 

さて、この「アレルギー」と言う言葉なんですが、何の事?だかおわかりでしょうか?当り前のように使われている言葉なので、特に疑問も持たない方が多いですが、もともとギリシャ語の造語です。ギリシャ語で「アレルギー」の意味を日本語に行えね「変化した反応能力」となります。

 

さて、「変化した応用能力とは、どういう事を意味するものなのでしょうか?それは、アレルゲンと呼ばれている抗原が、からだに侵入してくると、内部では、抗原抗体反応が起こるのです。この反応が、不調となって出てきますが、全般的にこの症状が「アレルギー」であり、応用能力と言われる理由であると言われています。

 

アレルギー科と聞くと、どしても、皮膚科というイメージがありますよね。だからと言って、実際は皮膚科だけではありません。アレルギーだけを扱っている科がアレルギー科です。アレルギー科と皮膚科を混同して考えている人も多いはずが、皮膚科とアレルギー科は別の科と言われているようです。

 

アレルギーは、絶対に皮膚に出るわけではありません。場合によっては、呼吸器に障害が出ることもあるみたいです。もちろん、アレルギー体質が、皮膚に出るケースも多く、そのような場合は、みなさんがご存知のアトピーです。そして、アレルギー体質が、呼吸器に出る場合、喘息となります。

 

もし、アトピーになってしまったら、皮膚科に行けばいいのか、小児科に行けばよいのか、アレルギー科なのか、迷う方も少なくないのです。アトピーになってしまった場合、何科に行けばよいのか、その正しい答えは、実ははっきりしていないでしょう。

 

小児科に行っても、必ずアレルギーに詳しい先生がいるわけでもないでしょうし、アトピーでも、子どものアトピーと、大人では、治療方法や原因も畭なってきます。また、アレルギー科でも、喘息専門、それから、アトピー専門に分かれる場合もあります。

 

眼科・アレルギー科としては、アレルギー性結膜炎がメインだと言われているのです。呼吸器科・アレルギー科だったら、喘息が専門となるでしょう。このようなことから、アレルギー科と言う名称が、厚生労働省によって一時期、表記を見直しが検討されたこともありました。

 

要するに、看板に「アレルギー科」と言う名目を出さないという案です。近年は、また、それが存続方向に修正されたと思っておりますが、存続になったということは、それだけ必要性が高い科なのだろ思います。この検討は、アレルギー科の名称のみでは、それが、皮膚なのか、眼科なのか、混乱を招くのではないだろうかといった危険性を考えたためです。

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-佐賀県記事一覧