アレルギー 東京

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

スポンサーリンク
2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

スポンサーリンク

ゴムアレルギー

アレルギー症状を引き起こすアレルゲンは人によって違いがありますが、比較的アレルギー人口が多いアレルゲンとして、ゴムの存在も忘れてはいけません。ゴムとは、輪ゴムなんかの、あのゴムです。

 

ゴムアレルギーとか、ラテックスアレルギーと呼ばれます。ゴムというのは、天然ゴムの木から採取される成分を使って作られています。つまり、植物の成分が使われているということになるわけです。

 

実は、植物にはアレルゲンとなるものが多く存在しています。特に有名なのは、スギ花粉症やウルシですね。しかし、実際には、それだけではありません。花粉症にしても、スギ・ヒノキ科の植物、イネ科の植物、バラ科の植物、ヨモギやセイタカアワダチソウ、白樺、キク科の植物、カバノキ科の植物など、ありとあらゆる植物がアレルゲンとなることが知られています。

 

ゴムの木も、アレルゲンとなる植物の一つなのです。ゴムは輪ゴム以外にも、色々なものに使用されており、炊事用手袋、風船などの他にも、医療器具などにも使われています。絆創膏やコンドーム、子供のおもちゃにもゴムは使われていますし、場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こすことさえあるのです。

 

ですから、ゴムアレルギーと診断された場合は、できるだけゴム製品を避けた生活をしなければなりません。特に、食物アレルギーがある人は、ゴムアレルギーが出る確率が高いと言われています。

アレルギー-名医のいる病院や有名な病院-東京都記事一覧