アレルギー あきる野

ネットで話題のアレルギー改善法のご紹介

※薬治療だけはおやめください。薬漬けになったら医者が儲かるだけです。
1 AGフリー

実は病院や薬に頼らなくても、1日わずか5分の実践で、アレルギー症状を改善させる方法があります。


>> 詳細はこちら

2 堀口剛志

あなたの花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎は劇的に改善します。

>> 詳細はこちら

3 山田博士

なぜ、わずか月1万少々の食費で、アレルギーなどの難病がぐんぐんと快方してゆくのか?

>> 詳細はこちら

名医のいる病院や有名な病院-東京都あきる野市

病院名 公立阿伎留医療センター
郵便番号 〒 197-0834
所在地 東京都あきる野市引田78番地1
電話番号 042-558-0321
診療科目 内科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 リウマチ科 消化器内科 救急科 血液浄化療法 小児科 外科 形成外科 緩和ケア 整形外科 脳神経外科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 皮膚科 泌尿器科 麻酔科(ペインクリニック) 放射線科 リハビリテーション科 臨床検査科(病理) 歯科口腔外科 放射線治療 専門外来 消化器病センター(内科) 消化器病センター(外科) 腫瘍科

金属アレルギーについて

アレルギーとは様々な物質に対して、体が異常反応を示すものです。
病気ではありませんが、湿疹やかゆみなど悩みの元となります。
アレルギーを抑えるための治療法もありますが、基本的には原因となる物質を避けると言う消極的な対応が一般的です。
アレルギーの中で金属アレルギーは少しメカニズムが異なります。
アレルギーの原因となる物質はタンパク質なのですが、金属はタンパク質ではありません。
溶けだした少量の金属がタンパク質と結合することによって、アレルギーの原因となる新たなたんぱく質を作り出しているのです。
よく見られる金属アレルギーは金属と体が接触しているところで起きます。
例えば、指輪やネックレスなどをしている場合に、指の周りや首の周りが皮膚炎を起こすのです。
また、金属イオンが血管内を通って、体全体で皮膚炎を起こすこともあります。
しかし、これは稀な症状と考えられます。
金属の種類によってアレルギーの起こりやすさは異なります。
ニッケルやコバルト、クロムが金属アレルギーを起こしやすいことがわかっています。
また、金や銀、白金はアレルギーとなりません。
歯科のインプラントで使用されているチタンやタンタルなどもアレルギーを起こすことはありません。
つまり、アクセサリーを着けるならば、安物のニッケルメッキではなく、金や銀のものにすればいいと言うことです。
合金やメッキに使用されている金属がアレルギーを起こすと考えてよいでしょう。

日本人でもアクセサリーを着けることが多くなりましたから、金属アレルギーが知られるようになったのです。